認知症予防の基本

血糖値の上昇を抑えるイヌリン

血糖値を気にする方にお勧めしたい成分イヌリン


血糖値が急激に上昇をすると、肥満や糖尿病リスクが高まるという事は有名ですよね。

そのため、体重や血糖値を気にする方は、低GI食品を活用する事が良いとされています。
でも、低GI食品をいちいち調べるのは意外と手間がかかりますし、食べたいものを我慢し続けるのでは、心が折れてしまいがちです。

そんな時に役に立つのがイヌリンです。 イヌリンとは、主にキク科の植物に含まれる糖類の一種ですが、胃や腸では消化する事が難しいため、体に吸収されにくいことが特徴です。
しかも他の食品で摂取した糖質まで包み込み吸収を抑え、継続して摂取することで、血糖値を下げる性質も持っています。

血糖値を上昇させるためには、摂取した糖質を単糖類まで分解する必要があるのですが、イヌリンは通常の消化では単糖類まで分解することが難しいため、血糖値の上昇を抑える事ができます。 そのため、血糖値の上昇を抑えたいダイエット中の方や、糖尿病の方に効果がある成分と言えますね。

ヒトの持つ消化酵素では分解しにくい成分ですが、腸内の善玉菌と呼ばれるビフィズス菌や乳酸菌などには大変喜ばれるエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整えるのを助けてくれるため、便秘気味な方、代謝の悪い方の体質改善効果も期待が持てます。

イヌリン含有量の多い物では、菊芋、チコリ、タマネギ、ニラ科の植物、ゴボウなどがあります。 糖尿病改善目的の健康茶で有名なタンポポもキク科の植物ですね。

血糖値を下げるためのインスリンは膵臓から分泌されますが、イヌリンはインスリンを必要としないため、膵臓を休ませてあげる事ができ、疲弊していてインスリンの分泌量が低下している方の膵臓機能の向上にも役立ちます。

インスリンの分泌量が増えれば、血糖値を下げる作用も高まりますので、血糖値改善にはイヌリンの摂取が効果的ですね。 また、水分を含むとゲル化して満腹感をえられやすいため、ダイエット中の方の食事のサポートにも役立ちます。

ヒトの消化酵素では分解されにくいイヌリンですが、結腸ではバクテリアが分解し、大量の二酸化炭素やメタンガスを生成してしまうため、体がイヌリンに慣れるまでは、お腹に溜まったガスに悩まされる方も存在します。

イヌリン含有量の高い菊芋は、一般的な芋類のように加熱して食べたり、砂糖や小麦粉の代用品として使用する事のできるものですが、栽培されている地域が限られている事、連作に不向きな事から、スーパーなどで「野菜」として購入するのは難しいため、サプリやお茶で補うのが効果的です。

菊芋の効能と効果




ボケ防止にサプリメントが効く